家にいたのに不在票が

テレビを見終わって、ふと玄関の郵便受けを覗くと、不在連絡票が入っていた。
ずっと家にいたのに、どうしてなのだろう。

再配達の時間帯が書いてある。電話をかけるのも手間だし、その時間帯に必ず家にいなければならないのも苦痛だ。
数時間の間、買い物にもいけないし、風呂にも入れないのだから。

私は郵便局に苦情の電話を掛けた。「ちゃんと家にいたのに、どうしてこうなるのでしょうか」

対応した人の話では、配達員は、応答が無いと、すぐ次の家に向かってしまう傾向にあるそうだ。
インターホンを鳴らしながら、不在票を書く人もいるそうだ。

「1度でお客様が出てこなかったら、2度3度と確かめるべきなのですが」と謝ってくれた。

チャイムの押し方が悪くて、鳴らないときもあるので、押しても出てこない時は、「郵便で~す」と声を掛けてもらえないですかと頼むと、そうすると約束してくれた。