支店長が郵便物を配達してくれた

私の取引銀行は、歩いて7分程の場所にある。
書類の記入方法や、窓口での説明が不足していたりすると、自転車で謝罪に来たりする。

少し前などは、朝の9時にチャイムが鳴ったので出てみると、女子行員が2人揃って頭を下げている。
どうでもいい些細な間違いだったので、反対に、こちらが恐縮してしまった。

今日は、食事中に誰か来たので、ドアを開けると支店長が立っていた。
何事かと思ったら、「応募券」が入っているということで、封筒を手渡された。

支店長は、道路に車を止めていたので、さっと帰ってしまった。
わざわざ支店長が持って来てくれたし、封筒に番号が書いてあったので、何か貰えるのだろうかと期待しているのだが。

そういえば以前、銀行窓口で、私宛ての封筒を手渡された。
今日も、単なる郵便料金の節約だったのだろうか。